KAGAWA 香川

LIVE 2021.10.2.3 [オンデマンド] 2021年10月4日(月)〜17日(日) 同時開催 香川国際会議場6F + Web開催

大会長挨拶MESSAGE

このたび、一般社団法人香川県臨床工学技士会が担当県技士会として、第11回中四国臨床工学会を 2021年10月 2日(土)から 3日(日)に、かがわ国際会議場におきまして開催することとなりました。開催形式は、新型コロナウィルスによる感染防止や参加者の皆様の安全に配慮すること、また時節柄、台風などの自然災害も考慮した結果、香川大会では初の試みとなるハイブリッド形式での開催を予定しております。ハイブリッド形式により出張が不要で自宅や勤務先から気軽に参加できるなどのメリットもあります。
2011年に鳥取県での開催から始まった中四国9県による中四国臨床工学会も2巡目となり、臨床工学技士誕生から30年が経過しました。この間の我々の歩み、活躍の場の拡がりや、これまでの研究、発表技術の向上、臨床工学技士の認知度向上などの活動を基に、香川大会では「Seeds,Needs,Wants ~今、我々にできること~」と題しました。医療機関はもとより、在宅医療福祉分野や、次世代を担う学生の育成など、多様な分野で臨床工学技士の我々にできることなどを、皆様とともに共有できるようにしたいと思います。
ハイブリッド形式では、参加者同士の顔を合わせる機会が失われることや、情報交換、新たな人間関係の構築が難しいなどのデメリットもあり、皆様にはご不便をおかけすることもあるかとは存じますが、最新の情報を提供し本学会の進歩を感じていただけるよう努力してまいります。ぜひ多くの会員の皆様のご参加をお待ちしています。

第11回中四国臨床工学会
大会長 光家 努
(一般社団法人香川県臨床工学技士会 会長)

大会長 光家 努

SSL GMOグローバルサインのサイトシール